Copyright(C)2006-2017 SEKAIETOBIDASE.COM All Rights Reserved

シリコンバレー事業本部

1730 South Amphlett Blvd., Suite 111 San Mateo,

CA 94403 U.S.A.

電話: 1-650-620-9000

FAX: 1-650-593-2087

東京オフィス

東京都品川区東大井5丁目17-4林ビル2F

電話: 03-3450-5222

Email: info@a-z-usa.com

  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon

島根大学 木戸喜隆さん

研修期間: 2017年8月18日~9月26日

研修場所: カリフォルニア州シリコンバレー 

研修先: IT企業

・グローバルキャリア実習に参加した「目的」は何ですか?

多くの人が日本でインターンをするが、自分はそういった普通とは違ったことがしたかった。
また、将来海外で働きたいという思いがあることから、実際に海外で働いてみて、どういった雰囲気で仕事をし、どういった風に仕事をこなし、また日本に戻ってから卒業するまでに何をすべきか、そういったことを学ぶことが目的。

 

・その目的を達成することが出来ましたか?

達成できた。会社の人だけでなく、それ以外の場所で多くの企業の方や学生に会う機会が沢山あり、実際にこっちで働くのと日本で働くのではどういった所が異なり、どういたことが働く上で大切なのかがわかった。また日本に戻ってから、何に力を入れ、どういったことを学んでいくのか。それを決めることができたのは大きな収穫だ。

 

・海外企業での実務実習は、自分の将来に役立つと思いますか?

将来海外で働こうと思ったとき、海外で働く雰囲気を知れているのは大きいとと思う。また、実際に働いている人とコンタクトが取れたことで自分のコミュニティが増え、仕事を探すことであったり情報を探すうえで役に立つと思う。

海外の企業で働いてみて、日本と違うと感じたり、気がついたことを書いてください。

会議などの時は全ての人が必ず何かしらの意見を述べ、黙って聞いているという人はまずいなかった。また、自分で仕事を見つけていく楽しさがアメリカにはあると感じる。

ホームステイはいかがでしたか?

非常に良い経験になった。ホームステイ先の人たちは本当に素晴らしい人たちで最高に時間が過ごせた。

 

休みの日や帰宅後はホストファミリーとどのように過ごしましたか?

休みの日は主にどこかに出かけることが多く、最近は二人でサイクリングに行ったりもした。帰宅後は夕食を共に囲み、談笑しながら食べ、終わったら自分は割と忙しかったのでパソコンで仕事を淡々とこなすことが多かった。

Please reload

インターンシップ参加者の貴重な体験談です!

プログラム参加者にインタビューしました。